吉田勝次(洞窟探検家)の嫁(妻)や家族は?年収(収入)や経歴は?

今回は6月11日の情熱大陸に登場する洞窟探検家の吉田勝次さんの嫁(妻)や家族構成についてお伝えしていきたいと思います。

吉田勝次さんは前人未踏にこだわって、ロープ一本で東京タワーがすっぽり入ってしまうような深い洞窟に探索に行ってしまう人です。日本のみならず海外の洞窟を多数探索しています。

また洞窟探検家と聞きなれないご職業の吉田勝次さんですが、どの様に収入を得ているのでしょうか?吉田勝次さんの年収なども調べてみました。

スポンサーリンク

吉田勝次さんの嫁(妻)や家族構成

吉田勝次さんは洞窟探検家という特殊なことを職業にしているので、もしかしたら結婚はされてないのかと思いましたが、ご結婚されているということでした。

吉田勝次さんの嫁(妻)についての情報は見つけることが出来ませんでしたが、何と6人のお子さんがいらっしゃるということでした。

奥様が家庭をしっかり守ってくれているので、吉田勝次さんは洞窟を探検できているんですね!?

収入(年収)は?

洞窟探検家はどれくらいの収入になるのか知りたいですよね?子供6人そして奥様とご自身の8人家族ですから、それ相当の収入があるのだと思いますよね!?

ところが洞窟探索としての収入はないのだそうです・・・

準備資金に100万円かかるときもあるという吉田勝次さんは資金や生活費をどうしているのでしょうか?

吉田さんは洞窟探検ツアーをやっていて、料金が5000円から20000円ほどだそうです。最低同行数が3人からですので、1回のツアーで最低15000円の収入になります。(実際はもっと多いと思います。)

テレビ出演や洞窟探検の著作もあり、こちらの出演料や著作の印税も吉田勝次さんの収入元ということになります。

また、吉田勝次さんは21歳の時に起業し、(有)勝建工業という建設業の代表取締役社長です。こちらの収入もあるということになります。

吉田勝次さんの具体的な収入(年収)についての情報はありませんでしたが、おそらく年収にして1000万円位はあるのではないでしょうか?

経歴は?

この様な吉田勝次さんはどのようにして洞窟探検家という道に入ったのでしょうか?経歴を調べてみました。

(有)勝建工業名前:吉田 勝次(よしだ かつじ)

生年月日:1966年12月19日(50歳)

出身地:大阪府大阪市東住吉区

職業:有限会社勝建代表取締役/洞窟探検家/一般社団法人日本ケイビング連盟会長

特技:少林寺拳法5段/アマチュア無線技士/スキューバダイビング/発破技士/土木施工管理技士/建設機械施工管理技士/う〇こ話(朝まで話せます)

吉田勝次さんの高校や大学といった学歴等の情報はありませんでした。21歳の時に(有)勝建工業を起業していますので、大学に入っていないと思われます。

洞窟探検家になったきっかけですが、最初は22歳のころ突然山に登りたくなったといい登山にはまります。

その後、静岡で洞窟探索に参加したのがきっかけで、洞窟の魅力に取りつかれてしまたということでした。

その後は、仲間たちとチーム「Japan Exploration Team」を結成し、動口探索を続け現在に至ります。

まとめ

・吉田勝次さんは結婚して妻がおり、6人の子供がいる。

・収入(年収)は不明だが、1000万円ほどではないかと予想。

吉田勝次さんは21歳で起業して、洞窟探検家として自身の好きな事をしながら家族を養っている凄い人でした。

余談ですが、洞窟探索中のトイレはどうするか知っていますか?答えはジップロックやペットボトル何だそうです。なので、特技のところに○○の話が朝まで出来ると書かれています。

最近注目度が上がってきている吉田勝次さんですが、6月11日の情熱大陸では、ここでお伝えしきれていない部分のお話もあるかもしれませんので、時間がある人は是非吉田勝次さん登場の情熱大陸を見てみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする