安田尚憲(履正社)2017ドラフト候補と家族の経歴(プロフィール)

2017年ドラフト候補の高校生として既に注目されている安田尚憲選手の出身中学等の経歴(プロフィール) や選手としての特徴をお伝えしたいと思います。

昨年秋は大阪府大会、近畿大会、明治神宮大会と優勝しセンバツ甲子園2017に出場する履正社は優勝候補です。

そのチームの中心選手で、すでにプロのスカウトから注目の安田尚憲選手はどんな選手なのでしょうか?

スポンサーリンク

安田尚憲 選手の経歴(プロフィール)

出 身: 大阪府吹田市

球 歴: 豊津第一小

豊津中学(レッドスターB.C)

履正社高校(硬式野球部)

小学校時代は阪神ジュニアに選ばれ、中学時代は 元阪神の赤星選手が代表を 務める レッドスター B.Cで活躍。

履正社高校 進学後は1年 ベンチ入りし、秋から 5番サードでレンジらーとなる。

2年春からは4番に抜擢され夏の甲子園でも本塁打を放った。

2年秋の新チーム で 大阪府大会、近畿大会、明治神宮大会という書士2017年の選抜に出場。

安田尚憲 選手の家族の経歴がスゴイ!!

力のある選手が多数揃う履正社高校で1年生からベンチ入りした安田尚憲選手の経歴は凄いですね!?でも安田尚憲法選手の家族の経歴もすごいんです!

まず、お父さんですが、大阪薫英女学院駅伝部の監督をされています。大阪薫英女学院は2014年の全国高校駅伝で優勝しています。

次にお母さんですが、やり投げで国体に出場した経歴のある方でした。そして安田選手のお兄さんはPL学園、明治大学で野球部で活躍し、現在は三菱重工川崎の野球部でキャプテンをされています。

ポジションはキャッチャーという事で、PL学園時代は現・ドジャースの前田健太投手とバッテリーを組んでいました。

まさにアスリート一家です。安田尚憲選手がドラフト候補として注目される選手なのも子の経歴を見ると納得してしまいますね!?

安田尚憲法選手の特徴

身 長:188㎝

体 重:92㎏

高校通算本塁打45本の右投げ左打ちの三塁手

安田尚憲選手の特徴はバッティングの飛距離です。中継122mの舞洲スタジアムで場外ホームランを放つなど飛ばす能力がずば抜けている。

また守備では方が強く、走っては50mが6秒7と打つだけの選手ではありません。既に早実の清宮幸太郎選手と並んで超高校級のスラッガーとしてプロのスカウトから注目を集めている。

プロのスカウトの評価

すでに阪神がドラフト会議で上位指名を検討しているという他、巨人や中日も注目している。

ここでプロのスカウトの評価を少し紹介したいと思います。

阪神 畑山チーフスカウト

「甲子園の時よりも成長している。落ち着いて打席に入れている。」

「山田もそうだったが、プロで活躍する選手は大事な舞台で打ってきた。プロでやっていくなら大事なところで結果を残してほしい。」

中日 米村スカウト

「打撃は超高校級」

「甲子園で2,3発放り込めば清宮や村上(九州学院)と肩を並べる存在になる。」

巨人 益田スカウト

「あとはどれだけ打てるか。」

まとめ

安田尚憲選手は既に2017年のドラフトで上位で指名を検討されているほどの選手です。それもそのはず、家族の経歴を見て納得です。

現在は本塁打数や評価も清宮選手の方がやや上ですが、2017選抜甲子園で活躍し、高校No.1スラッガーになる可能性もあると思います。

将来、山田哲人選手のようにプロ野球で活躍する選手になるかもしれません。選抜での安田尚憲選手の活躍に注目しましょう!

以上、2017ドラフト候補の注目選手の安田尚憲選手の出身中学や家族の方の経歴・選手としての特徴についての記事でした。最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする