山本ダンテ武蔵(大阪桐蔭)2017ドラフト候補の経歴

2017年ドラフト候補の注目高校生として、大阪桐蔭高校野球部の山本ダンテ武蔵選手の経歴(プロフィール)や選手としての特徴をお伝えしていきたいと思います。

名前の通りお父さんがアメリカ人というハーフの山本ダンテ武蔵選手は身体能力が高く、オコエ瑠偉2世と呼び声が高い高いです。それでは山本ダンテ武蔵選手はどんな選手なのか見ていきましょう!

スポンサーリンク

山本ダンテ武蔵 選手の経歴(プロフィール)

出 身:広島県

球 歴:江田島市立三高小学校

江田島市立三高中学校(瀬戸内シニア)

大阪桐蔭高校    (硬式野球部)

小学校時代にソフトボールを始め、中学時代に硬式野球の瀬戸内シニアに所属。

瀬戸内シニアでは主将で捕手を務め通算7本の本塁打を放っている。シニアの西日本代表に選ばれた。

大阪桐蔭進学後は「50m6秒1」という足の速さから外野手に転向。2年秋の大阪府大会初戦の和泉高校戦で3番・ライトで公式戦デビュー。

この試合で3打数3安打2打点と活躍。準決勝の履正社戦ではホームランを放った。

チームは秋季高校野球近畿大会でベスト4に入り、2017選抜高校野球大会に出場が決まった。

名前の由来

以上が山本ダンテ武蔵選手のここまでの経歴になりますが、ここで山本ダンテ武蔵選手の名前の由来についてお伝えします。

もちろん山本ダンテ武蔵のダンテはアメリカ人のお父さんに由来しますが、武蔵は当時大相撲の横綱として活躍していた武蔵丸関からとったものだそうです。

二刀流で有名な剣豪宮本武蔵かと思いましたが、違いました・・・

山本ダンテ武蔵選手の特徴

身 長:174㎝

体 重:74㎏

右投げ右打ちの外野手

同じ大阪のライバル校の履正社戦ではなったホームランです。174㎝という身長からすると、特別上背があるといった感じの選手ではありませんが、パンチ力があります。

さらに、「50m6秒1」という足の速さと遠投100mの強肩でもあります。走り方を見ると速そうです。

山本ダンテ武蔵選手の特徴はホームランも打ちますが、中距離ヒッターという印象です。それに俊足と強肩とくればやはりオコエ2瑠偉選手を思い出します。

まさに、オコエ2世という表現がぴったりの選手といえます。

まとめ

山本ダンテ武蔵選手はまさにオコエ瑠偉2世といえるお父さんがアメリカ人のハーフの選手。

選抜甲子園2017で全国デビューするので、今後プロのスカウトの目に留まることは必至です。スカウト陣もオコエ瑠偉選手と同じでその身体能力の高さに注目すると思います。

また、現哀楽店のオコエ瑠偉選手はキャンプで苦労しているようですが、今シーズン活躍すれば身体能力の高いハーフ選手の評価も高まるのではないかと思います。

山本ダンテ武蔵選手が2017年ドラフト会議で指名されるには選抜甲子園といった全国の舞台での活躍が必要だと思います。

まずはセンバツ甲子園でオコエ瑠偉2世の活躍に注目です!

以上、2017ドラフト候補の注目選手として大阪桐蔭の山本ダンテ武蔵外野手についての記事でした。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする