山口翔(熊本工)2017ドラフト候補の経歴

2017年ドラフト候補の高校生として、選抜甲子園にも出場が決まった熊本工業高校のエースの山口翔投手の経歴や選手としての特徴をお伝えしていきます。

10年ぶりの選抜甲子園に熊本工業を導いたエースの山口翔投手はどんな投手なのか気になります。

九州屈指の快速右腕・山口翔投手は今後間違いなく注目される投手です!

それでは山口翔投手の経歴です!

スポンサーリンク

山口翔 投手(熊本工業)のプロフィール(経歴)

出 身:熊本県熊本市

球 歴:落合東小学校(軟式野球)

日吉中学校 (軟式野球部)

熊本工業  (硬式野球部)

落合東用学校4年生時に軟式野球を始める。日吉中学校時代は軟式野球部のエースとして活躍した。

伝統校の熊本工業に進学し、1年生の秋から投手としてベンチ入りし、2年の春にエースとなったが、足首を痛め春季大会は登板できなかった。

夏の甲子園予選では昨夏の甲子園ベスト4の秀岳館に準々決勝であたり、9回5失点で延長10回に5-6でサヨナラで敗れ甲子園出場はならなかった。

2年秋の秋季高校野球熊本県大会では決勝で3-6で秀岳館に敗れ準優勝。

続く秋季高校野球九州大会では準決勝で東海大福岡に1-2で敗れベスト4に入り、2017年の選抜高校野球大会に10年ぶりに選ばれた。

山口翔 投手の特徴

身 長:180㎝

体 重:72㎏

球 種:スライダー・カットボール・カーブ・チェンジアップ

クセのない綺麗なフォームのスリークオーターからMAX149キロを秋季熊本県大会の3回戦で記録している。

ストレートは常時130キロ台中盤〜140キロ前半を記録し、スライダーとチェンジアップは130キロ前後となっている。

山口翔投手のピッチングはやはり球威のあるストレートで押すスタイル。秋は制球を乱すケースがあったので、一冬超えてどこまで改善されたのかがセンバツ甲子園での見どころ。

まとめ

九州屈指の右腕・山口翔投手についてプロのスカウトの具体的なコメントはまだありませんが、山口翔投手は甲子園の結果次第でプロに挑戦したいといっております。

まだまだ体の線の細さは否めませんが、149キロを投げる投手はそうはいませんので、選抜甲子園に出場しますので、プロのスカウトは間違いなく注目するはずです。

またしなやかさを兼ね備えたクセのないフォームも将来性を感じさせます。まだ発展途上の投手ともいえます。

甲子園で活躍し一気にドラフト会議で指名されるというケースは毎年ありますので、まずはセンバツでの活躍がプロへの第一歩です。

いずれにせよ将来プロのマウンドに立っている投手だと思いますので、注目していきましょう。

まずはセンバツでのピッチングが楽しみです。一冬超えて150キロを投げるかもしれませんね!

以上、山口翔投手についての記事でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする