若林将平(履正社)2017ドラフト候補の経歴(プロフィール)

2017春のセンバツ甲子園に出場する履正社高校の主将の若林将平選手をドラフト候補の注目高校生として出身中学などの経歴(プロフィール)や特徴をお伝えしていこうと思います。

履正社高校といえば安田尚憲選手が早実の清宮幸太郎選手と並んでドラフト候補として注目されていますが、履正社の4番を打つ若林将平選手も素晴らしい素質を持った選手です。

それでは若林将平選手の経歴から見ていきましょう!

スポンサーリンク

若林将平選手の経歴

出 身:大阪府大阪市出身

球 歴:都島小学校(都島タイガース・軟式)

都島中学校(大淀ボーイズ・硬式)

履正社高校(硬式野球部)

小学校時代は軟式チームの都島タイガースで野球を始め投手としてプレー。中学時代の大淀ボーイズでは捕手としてプレー。

履正社高校では外野手として1年秋に背番号7を付けレギュラーとなるも、膝のケガの為に春は控え、夏は背番号13で甲子園初戦に出場。

2016年夏の甲子園でもスタメンで出場し1回戦、2回戦とヒットを放っている。2年秋の新チームからは4番でキャプテンとなり近畿大会優勝、明治神宮大会優勝とチームをけん引した。

近畿大会と明治神宮大会優勝と文句のない成績で2017年の春のセンバツに選ばれた。

若林将平 選手の特徴

身 長:181㎝

体 重:86㎏

右投げ右打ちの外野手。高校通算本塁打18本

履正社高校の4番バッターでスイングスピードが速く、打球の飛距離もある。センターが122mある舞洲スタジアムでバックスクリーン右横にホームランを放つなど力任せに引っ張るパワーヒッターではなく、逆方向にも強い打球を打てるのが特徴。

スイングスピードが速いためか、ホームランも低い弾道でスタンドに入るケースが多い。昨秋の紅白戦では、ヤクルトにドラフト1位で指名された寺島成輝投手から2塁打を放つなどその実力は本物といえる。

まとめ

若林将平選手はチームメイトの安田尚憲選手と共にプロ注目の選手です。履正社の打線は左の安田、右の若林と超高校級の強力打線という事になります。

前チームからは寺島成輝投手と山口裕次郎投手2人がドラフト会議で指名されましたが、現チームからも2017年ドラフトでは2人指名される可能性があります。

すでに阪神などのスカウトが若林将平選手に興味をっ持っているといいます。保田選手もいるので履正社にはプロのスカウトが頻繁に来ますので、他の球団のスカウトも今後若林選手をチェックすると思います。

以上、履正社高校野球部の若林将平選手についての記事でした。まずはセンバツでの活躍が楽しみです。

それにしてもドラフト候補が二人もいる履正社高校ってすごいですね・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする