チケトレ 評判と使い方は?ジャニーズはどうなるの?

本日5月10日12時にチケットの高額転売を防ぐ「チケトレ」がプレオープンしました。正式オープンは6月1日の12時となっています。

そこで今回はチケトレの使い方や評判・口コミを調査して行きたいと思います。また、かねてより話題となっているジャニーズのチケットはどうなるのかといった点も調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

チケトレの評判

チケットの転売は、これまで大手転売サイトで定価以上のやり取りが横行し、中には2倍の価格で転売され、問題となっていました。

チケトレはそんな中、高額転売やダフ行為を防止し、チケットを定額・定価でやり取りができるシステムです。

早速チケトレの評判を調査してみました。するとチケトレは手数料が高いと、チケトレの料金について多くの口コミがあります。

チケトレに対しての評判をSNSから抜粋してみます。

公式の場を提供してくれるのは有り難いがただでさえプレイガイドに訳分からない手数料払ってるのに、定価で売ろうとする出品者からさらに10%も手数料とるの?チケキャンは定価以上以下関わらず手数料8.64%だけど出品者にとってチケトレを選ぶ利点は?

チケトレで定価5000円のチケットを出品したら、取引手数料(10%)+送金手数料(380円)の併せて880円。購入者も取引手数料(10%)+システム手数料(3%)の併せて650円。現物の取扱もせずに、購入履歴管理するだけでチケ代の1/3も稼げるとかヤクザすぎませんかね。

チケトレオープン前から料金(手数料)について高いのではないかといったコメントが多くあります。ということで・・・

チケトレの料金(手数料)を大手転売サイトと比較してみました。

出品者の取引手数料

チケトレ:10%
チケキャン:8.64%

購入者の取引手数料

チケトレ:10%
チケキャン:無料

出品者のシステム利用手数料

チケトレ:380円
チケキャン:無料

購入者のシステム利用手数料

チケトレ:3%
チケキャン:最大3.24%
確かにチケトレの料金(手数料)は高いのかと思います。現在の評判を受けて6月1日の正式なオープンまで変更はあるのでしょうか?

手数料だけを見れば高いということになりますが、ここでチケトレのメリットをご紹介したいと思います。

チケトレのメリット

チケットを受け取れない、料金の振込がされない、個人情報を他人に見せないといけないといったリスクがないのがチケトレや大手転売サイトの利点ですが、更にチケトレはチケットキャンプよりも出品や受取方法がわかりやすいというところやログインの仕方が明瞭で簡単です。

また大手転売サイトに欲しいチケットがない場合や出品しても売れない場合にチケトレを利用してみるのもいいと思います。

使いやすさなど人によると思いますが、選択肢が増えたということは確かです。

といったところで次はチケトレの使い方を説明したいと思います。

チケトレの使い方

チケトレの公式サイトはこちらになります!

https://tiketore.com/

右上の黄色いところをクリクして新規会員登録をしてください。

この様な画面が出てくるので、新規会員登録をします。グーグルアカウントやTwitterアカウントでの登録もできます。

会員登録が完了すればこの様な画面になり、チケットのやり取りができるようになります。
次にジャニーズはチケトレに参加するのかということについて調査してみました。

チケトレ ジャニーズは?

チケトレはコンサートプロモーターズ協会が手掛ける興業を中心に取り扱うとしています。ジャニーズが参加するのかについては現段階で判明していません。

ただ、ジャニー社長はジャニーズのチケットはファンクラブ会員に1万円以下で販売されています。若いファンが足を運びやすいようにとの配慮だといいます。

またジャニーズのなかにもチケットの高額転売防止に賛同している人はいます。ですので、現段階ではっきりしたことはわかりませんが、今後参加する可能性はありではないでしょうか?
以上、チケトレの評判や使い方に関する記事でした。最後までご覧いただきありがとうございます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする