田浦文丸(秀岳館)2017ドラフト候補の経歴(プロフィール)

選抜甲子園2017に出場する選手でドラフト候補の注目選手として秀岳館高校の田浦文丸投手について出身中学といった経歴やプロフィールや選手としての特徴をお伝えしたいと思います。

秀岳館高校といえば鍛治舎監督が就任してから昨年の選抜、夏の選手権ともにベスト4に入るなど強豪校の仲間入りをしています。

その秀岳館のエース田浦文丸党首はどんな選手なのでしょうか?それでは経歴から見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

田浦文丸 投手の経歴(プロフィール)

出身:福岡県大野城市出身

球歴:平野小学校(平野リトルジャガーズ・軟式野球)

平野中学校(糸島ボーイズ・硬式野球)

秀岳館高校(硬式野球部)

小学校で軟式野球をはじめ、投手として活躍する。中学校では糸島ボーイズで硬式野球をプレー。2年生の特にジャイアンツカップでオール枚方ボーイズを倒し準優勝。この時はライトを守っていた。

秀岳館高校では1年生からベンチ入りし、2年秋は有村投手を救援したりして九州大会優勝し翌年春のセンバツ甲子園に出場した。

選抜甲子園では2試合に登板し、最速139kmを記録した。夏の甲子園でも先発を含む5試合に登板し自己最速の142kmを記録した。

2年秋からはチームのエースとなり、九州大会でベスト4に入り2年連続の選抜甲子園2017出場を決めた。

田浦文丸 投手の特徴

身長:170㎝

体重:75㎏

左投げ左打ちの投手。最速は144キロ。

170㎝とと小柄ながら75㎏とがっちりしている。昨年夏の甲子園ではストレートは常時135キロ前後で120キロ前後のスライダー、110キロ台のチェンジアップ、100キロ台の緩いカーブを巧みに使い3真を取るピッチングが特徴的だった。

マウンド度胸もよく、昨年から春・夏と甲子園を経験していることからも2017年春のセンバツでも活躍が期待されます。

まとめ

先日、秀岳館の鍛治舎巧監督が今季限りで退任というニュースが出てびっくりしましたが、鍛治舎監督本人が否定されておりました。

鍛治舎監督といえばNHKで甲子園の解説をしていたことで有名ですので、どんな選手が甲子園で活躍できるのか確かな目を持っていると思います。

そんな秀岳館高校で数居る投手の中から背番号1を付けた田浦投手の実力は確かなはずです。選抜での活躍に注目しましょう。

余談ですが、鍛治舎監督は秀岳館の監督を受ける時に3年で日本一になるといったといわれています。

だとすれば昨年春夏共にベスト4ですので今大会は優勝を目指してくるはずです。田浦投手と共に秀岳館高校の試合結果も注目です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする