長谷川拓帆(仙台育英)2017ドラフト候補の経歴と進路【動画あり!】

2017年ドラフト候補として仙台育英高校野球部エースの長谷川拓帆(はせがわたくほ)投手の出身中学といった経歴や選手としての特徴をお伝えしていきたいと思います。

また、長谷川拓帆投手をプロのスカウトはどのように評価しているのかといったこともお伝えしていきます。

スポンサーリンク

長谷川拓帆投手の経歴(プロフィール)

出 身:秋田県秋田市

球 歴:秋田市立桜小学校(軟式野球スポーツ少年団)

秋田市立桜中学校(軟式野球部)

仙台育英高校  (硬式野球部)

桜小学校6年生時に楽天ジュニアに選ばれる。

桜中学校時代は軟式野球部でエースで主将として全国中学校野球大会に出場。

高校は楽天ジュニアでチームメイトだった現・主将の西巻賢二選手に誘われ、宮城県の名門・仙台育英に進学。

仙台育英高校に進学後は2年生春からベンチ入りし、秋の新チームからは背番号10も秋季県大会ではエース級の活躍で5連覇に貢献した。

2016年秋季東北大会から背番号1となり文字通り仙台育英高校野球部のエースとなる。

東北大会では4試合に登板し31イニング2失点で優勝に貢献し、明治神宮野球大会に出場。

明治神宮大会では優勝した履正社に6回3失点、試合は1-5で敗れる。この試合で自己最速となる143kmを記録した。

仙台育英高校は秋季東北大会の優勝校として2017年選抜高校野球大会(春のセンバツ)に出場。

長谷川拓帆投手の特長

身長:177㎝

体重:80㎏

球種:ストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップ

投手としての特徴は威力のあるストレートで押す力投型のサウスポー。

神宮大会では履正社戦で四死球と制球に課題を残している。本人もこの試合でコントロールの重要さを痛感したとコメント。

佐々木監督は長谷川拓帆投手はまだまだ未完成といっております。

冬場に下半身を鍛えてフォームが安定すれば制球も安定し、球速もまだまだ出る投手。

全国デビューとなる2017年第89回選抜高校野球大会での一冬超えた長谷川拓帆投手のピッチングに注目です。

長谷川拓帆選手スカウトの評価と進路

明治神宮大会に出場し全国区になってきた長谷川拓帆投手に往路のスカウトも注目し始めているようです。

この冬で下半身が大きくなった。選抜でブレークする予感がある。

と見ているスカウトもます。2017選抜甲子園で好投すればスカウトの評価も上がると思います。

長谷川拓帆投手自身進路はプロ志望の様子。同郷の現ロッテの成田翔投手のように甲子園で一気に評価をあげプロ入りという事も十分ありえるとおもいます。

以上、長谷川拓帆投手に関しての記事でした。まずは2017年センバツ甲子園での活躍に期待したいですね!?

最後までご覧いただきましたありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする