杉山三郎(考古学者)の結婚した妻や子供は!?大学は東京経済大?

4月8日のNHKの番組「SWITCH」にメキシコのテオティワカン遺跡で発掘調査を長年され、発見もした考古学者の杉山三郎さんが出演されます。

今回はその杉山三郎博士の結婚した妻や子供などについて調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

杉山三郎博士の妻や子供は?

杉山三郎博士はメキシコの研究所で働いていた時にメキシコ自治大学の大学院で妻の久美子さんと出会ったそうです。右から2番目が杉山三郎博士で、一番右が妻の久美子さんです。

久美子さんは慶應義塾大学の民族考古学コースを先行され、メキシコに渡った方なのだそうです。その興味を持ったお気持ちのままメキシコに渡ったところは杉山博士と同じですね!

2人はメキシコで結婚し、長男:陽生さん、長女:昌乃さん、次女:奈和さんと3人のお子さんに恵まれます。ちなみに出産はメキシコだったそうです。

杉山三郎博士の家族はとても仲がいいそうです。写真からも仲がよさそうなのが伝わってきますね?

杉山三郎博士の著書ですがとても評判がいいそうです。家族の事とかも書かれていますので、杉山三郎博士についてもっと知りたい人は読んでみて損はない一冊となっています。

杉山三郎博士の出身大学は東京経済大学?

杉山三郎博士は東京経済大学経済学部出身です。考古学と経済学は接点がないように思えますね・・・

そうです接点はありません。杉山三郎博士は大学時代考古学に触れ、卒業後メキシコのテオティワカン遺跡の発掘の作業員として働き、考古学の道に進みました。

当時、大学卒業後メキシコへはすぐにわたったといいます。その後マヤ遺跡やアステカ遺跡の調査団に手伝わせてくださいと尋ね歩き、メキシコ国立人類歴史学研究所に最初ボランティアで入ったといいます。

経済大学から考古学へと進んだ異色の経歴といえます。杉山三郎博士の経歴(プロフィール)やテオティワカン遺跡の発掘についてはこちらの記事で詳しく書いていますので、ご覧ください!

プロフィールや経歴はこちらです!

杉山三郎 プロフィール(経歴)高校や大学やテオティワカンとは?

杉山三郎博士が凄い人物だということがお分かりいただけたのではないでしょうか?いくら興味を持ったからといって全く畑違い、しかもメキシコまで行ってしまうなんてすごいですね!?

最後に!

杉山三郎博士は発掘に関して、一つの流儀を大事にしているといいます。それは「ものに語らせる」ということだそうです。

自分の先入観で物を見ないということ奈ではないでしょうか?今回「SWITCH」での自ら語る杉山三郎博士のお話が楽しみですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする