櫻井周斗(日大三)2017ドラフト候補の経歴(プロフィール)

選抜甲子園2017 に出場する選手でドラフト候補と注目されている日大三高の櫻井周斗選手についてお伝えさていきたいと思います。

櫻井周斗選手とはどんな選手なのでしょうか?それでは出身中学など経歴からお伝えして行きます。

スポンサーリンク

櫻井周斗選手の経歴(プロフィール)

出 身: 埼玉県所沢市

球 歴: 所沢東中学(新座シニア)

日大三高(硬式野球部)

小学校時代はヤクルトジュニアに選ばれ NPBトーナメントで準優勝。

中学時代は硬式の新座シニアでプレー。

日大三高では1年秋から6番・外野手(右翼手)のレギュラーとして活躍、 2年秋からは投手も兼任するようになる。

秋季東京都大会では 聖パウロ戦で本塁打を放ち、投げては決勝の早実戦で清宮幸太郎選手から5打席連続三振を奪うなど投打に渡り活躍。

試合は6.8で早実に敗れ大会準優勝となるも 選抜甲子園2017の出場が決まった。

櫻井周斗選手の特長

身長:177cm

体重:78kg

左投げ左打ちの投手兼外野手

背番号8ながら秋季東京都大会ではエース級の活躍。

最速144kmのストレートとスライダーのコンビネーションで三振を取るタイプの投手。課題は細かい制球力で、投げない時はセンター。

投手としての特徴は腕の振りが鋭いためストレートも144キロと走り最大の武器であるスライダーも鋭く曲がるので、打者が振ってしまう。

うっては今日らの日大三高のクリーンアップを打つ。

巨人・吉武スカウトは「 腕が振れるしスライダーが手元で鋭く曲がる面白い」と評価している。

まとめ

日大三高の櫻井周斗投手経験が豊富というわけではなく日大三高でも本格手に投げたのはこの秋です。それにもかかわらず清宮幸太郎選手を5連続三振取るなど素質の高さが伺えます。

打っても日大三高のクリーンナップとまさに二刀流と言える選手です。スカウト陣は投手として注目しているようです。もしかしたら選抜甲子園2017には背番号1で登場するかもしれません。

また日大三高の注目選手を見ると金成麗生選手などこれから活躍しそうな発展途上の選手が多くいると思います。

ですので、一冬超えての選抜甲子園では金成チーム力がアップしているのではないでしょうか?
センバツ甲子園2017では優勝候補の一角になると予想します。

櫻井周斗まだまだ完成された投手ではありませんので今後もっとすごい投手になるかもしれません。まずは選抜甲子園でのピッチングとバッティングを注目しましょう!

最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする