藤井黎来(大曲工)2017ドラフト候補の経歴

昨年夏の甲子園で花咲徳栄から広島にドラフト2位指名された高橋昂也投手と投げ合った大曲工業の藤井黎来(ふじい・れいら)投手の経歴(プロフィール)について書いていきたいと思います。

プロのスカウトは藤井黎来(ふじい・れいら)投手をどのように見ているのでしょうか?

スポンサーリンク

藤井黎来(ふじい・れいら)投手

出 身:秋田県仙北郡美郷町

球 歴:仙南村立仙南東小学校(軟式野球スポーツ少年団)

美郷町立美郷中学校 (軟式野球部)

秋田県立大曲工業高校(硬式野球部)

美郷中学校時代はエースとして活躍。秋季、春季、中学総体と共に全県大会に出場した。

春季全県大会では仙台育英の長谷川拓帆投手の桜中学校と決勝戦で対戦し、美郷中学校が優勝した。

ただこの試合では藤井黎来投手と長谷川拓帆投手は登板しなかった。

大曲工業では投手として2年生時からベンチ入りし、夏の県大会では主戦級の活躍をし、甲子園夏初出場の原動力となった。

夏の甲子園では1回戦好投手の高橋昂也投手の花咲徳栄高校と対戦。

先発のマウンドに上がり1-6で敗戦も、8回8安打5失点(自責4)と粘りのピッチングを見せ試合を作った。

藤井黎来投手の特徴

※0:21からの背番号11の投手が藤井黎来(ふじい・れいら)投手です。

身 長:181㎝

体 重:82㎏

球 種:スライダー・フォーク・カーブ・チェンジアップ

最速144キロのストレートは力強く、常時130キロ台後半から140キロ近くと平均球速が安定して速い。

ピッチングはストレートとスライダーのコンビネーションに時折フォークを混ぜてくる。

甲子園の花咲徳栄から7個の三振を奪い、内角を突く直球は通用すると感じたと本人はコメントしている。

藤井黎来投手は力投型の右の本格派投手で力のある直球が魅力の投手です。

藤井黎来投手プロのスカウトの評価

昨年夏の甲子園のピッチングを見てDeNAの吉田スカウト部長は次のように言っています。

「ボールも強いし、来年一年でどこまで伸びるか非常に楽しみ。からだのさいずもある。」と評価しています。

藤井黎来(ふじい・れいら)投手は、将来性豊かな投手といえます。今後の活躍に注目したい選手のひとりです。

まとめ

大曲工業といえばかつてメジャーに高校生で初めて指名された左腕の後松重栄投手がいました。

今度はプロに指名される選手が出てくるかもしれません。ただ、選抜に初出場した時のエースの武田投手は専修大学に進学しています。

いきなりプロというよりは大学を経てプロの世界へというケースもあるかもしれません。大学の野球部も注目しているとも言われています。

惜しくも選抜出場を逃した藤井黎来投手。甲子園に出場できるチャンスはあと1回となりました。

昨年の雪辱をしに甲子園に帰ってくることが出来るのでしょうか?夏の活躍次第で評価が変わってくると思います。
以上、藤井黎来(ふじい・れいら)投手についての記事でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする