岡林飛翔(菰野)2017ドラフト候補の経歴

2017年のドラフト候補として三重県立菰野高校の岡林飛翔(おかばやし・つばさ)選手について出身中学などの経歴(プロフィール)などをお伝えしていきたいと思います。

岡林飛翔選手はエースではありませんが、最速151kmのストレートを投げる控え投手だといいます。MAX151kmで控えとは、いったいどんな選手なのか気になりますね!?

それでは岡林飛翔選手について見ていきましょう!

スポンサーリンク

岡林飛翔 選手の経歴(プロフィール)


出 身:三重県松坂市

球 歴:徳和小学校(松坂リトル)

久保中学校(三重ゼッツ)

菰野高校 (硬式野球部)

リトルは中1までですが、中1の時に松坂リトルで全国準優勝をした。この時の優勝チームは現・早実の清宮幸太郎選手率いる東京北砂リトルだった。

岡林飛翔選手は清宮幸太郎選手について当時から有名だったといい、一歩打たれたことを覚えていると言っています。

また、中学2年から所属していたヤングリーグの三重ゼッツでも全国大会に出場している。

菰野高校に進学後はスピードはあるものの制球難に苦しむ。1年生の秋からベンチ入り、2年生5月に143キロ、夏休みに149キロ計測する。2年秋に5番・レフトでレギュラーに定着。

秋季高校野球三重県大会で宇治山田商との2回戦でリリーフし、自己最速の151kmをきろくした。

岡林飛翔 選手の特徴

身 長:182㎝

体 重:83㎏

最速151kmのストレートとスライダー、カーブ、フォークを投げる外野手兼投手。

岡林飛翔選手のピッチング動画を紹介したいところでしたが現段階で岡林翔選手の動画はありませんでした。

菰野高校にはエースの村上健真投手がおり、安定感で岡林飛翔を上回っているので先発を務めています。なので、投手としてまだまだ公式戦での登板が少ないためと思われます。

普段は5番レフトで出場する機会が多いという事で、バッティングの方は高校通算16本の本塁打を放っており、将来性豊かな選手。

まとめ

この様に岡林飛翔選手は151kmの速球を投げるも安定感にかけ、外野手として試合に出ることが多いが、投手として今後の成長が期待される選手です。

今年の初めにはプロ9球団があいさつに訪れたといいます。本人も将来はプロ野球選手になりたいといっています。

やはり151kmを投げれる素質に注目しているのではないでしょうか?残念ながら2017年の選抜甲子園出場はできませんでした。

夏の甲子園に出場して全国区で活躍すればドラフトで指名されるようになるのではないでしょうか?今後注目の選手のひとりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする