西浦楓大(明徳義塾)2017ドラフト候補の経歴(プロフィール)

今回は第89回選抜高校野球大会(春のセンバツ2017)に出場する明徳義塾高校の西浦楓大(にしうら・はやと) 選手をドラフト候補の注目選手として経歴(プロフィール)などをお伝えしていきたいと思います。

もはや甲子園皆勤賞といえる明徳義塾の中心選手の西浦楓大選手とはどんな選手なのでしょうか?それでは経歴(プロフィール)を見ていきましょう!

スポンサーリンク

西浦楓大(にしうら・はやと)選手の経歴

出身:熊本県八代市出身

球歴:鏡西部小学校(軟式野球)

鏡中学校  (熊本北シニア)

明徳義塾高校(硬式野球部)

小学校3年から軟式野球を始め、中学校時代の熊本北リトルでは通算32本の本塁打を放ち、3年時にU-15に選ばれた。

明徳義塾高校では1年春から背番号9でベンチ入りし、3番ライトで春季四国大会に出場した。しかし夏は打撃不振に陥り、夏の甲子園はメンバー外となる。

秋に新チームからは再び3番ライトでレギュラーとなり、四国大会の準々決勝で3ランを放つなどして活躍。

翌年の選抜甲子園で全国デビュー、夏も甲子園に出場しホームランを放っている。チームは4年ぶりのベスト4になった。

2年秋の秋季大会は4番・ライトとなり、県大会準優勝、四国大会優勝、神宮大会ベスト8にはいり、2017年の選抜甲子園出場を決めた。

西浦楓大 選手の特徴

身長:178㎝

体重:70㎏

高校通算23本塁打の外野手。

遠投110m、50m5秒9と走攻守3拍子揃った選手で、メーカーが行った全国の高校球児を対象に行った体力測定で背筋力が270㎏と全国1位だった。

ちなみに元メジャーリーガーの松井秀喜氏の高校時代の背筋力は250㎏。

また投手もでき最速140キロとキレのあるスライダーを投げる。

まとめ

この様に西浦楓大(にしうら・はやと)選手は非常に身体能力が高い選手で既にプロのスカウトからも注目されています。

とかく打撃ばかりに注目が集待っていますが、西浦楓大(にしうら・はやと)選手自身「打撃だけでなく、走攻守でみてもらいたい。」といいます。

最近のプロ焼く選手を見ていても確かにバッティングだけ、守備だけでは一流選手といえませんね!?二刀流とかトリプルスリーとか求められるものが高くなっています。

これからまだまだ伸びそうな選手ですので、西浦楓大(にしうら・はやと)選手はそのような選手になる可能性が高いと思います。

という事で、センバツでの西浦選手の三拍子そろったプレーに注目してみましょう!

それにしても部員数が多く、レギュラーも湯dんしたらすぐに入れ替わってしまうといわれる明徳義塾で1年生からレギュラーになる選手っていたんですね!?

身体能力も経歴もスゴイですね・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする