村上宗隆(九州学院)2017ドラフト候補の経歴(プロフィール)

2017年ドラフト候補として注目されている九州学院の捕手・村上宗隆選手の出身中学といった経歴(プロフィール)やプロのスカウトの評価などをお伝えしたいと思います。

今回お伝えする村上宗隆選手は1年生の時早実の清宮幸太郎選手とともに注目されていた1年生4番打者でした。しかし、甲子園での成績は対照的で清宮選手ばかりが注目されました。

清宮幸太郎選手のことはご存知の方も村上宗隆選手のことは知らないという人は多いと思いますが、村上宗隆選手は2017ドラフト候補の注目選手です!

スポンサーリンク

村上宗隆 選手の経歴(プロフィール)

出身:熊本県熊本市出身

球歴:詫麻南小学校

長嶺中学校 (熊本東リトルシニア)

九州学院  (硬式野球部)

小学校4年生から本格的に野球を始め、熊本リトルシニアではセカンドからキャッチャーのコンバートされた。

九州学院では1年春からで4番ファーストでレギュラーとなる。夏の甲子園予選初打席でバックスクリーン左へ満塁ホームランを放った。その年に九州学院は夏の甲子園に出場し、清宮幸太郎選手とともに1年生で4番ファーストで話題となるもノーヒット。チームも初戦で敗れた。

1年秋の新チームから4番キャッチャーとなるも秋・春共に九州大会に出場。夏は決勝で敗れ甲子園出場はならなかった。2年秋は秀岳館に2-13で完敗し2017選抜出場はならなかった。

村上宗隆 選手の特徴

身長:187㎝

体重:73㎏

高校通算本塁打32本(2年秋終了時)右投げ左打ちのプロ注目大型捕手。

バッターとしては逆方向にも長打を打つことが出来る。練習試合では130m弾を放つなど飛距離が特徴。肥後のベーブルースという愛称で呼ばれるほど注目されるバッター。

キャッチャーとしては2塁送球が多少のばらつきがあるものの1.9秒台と強肩。2年夏の甲子園予選では秀岳館から捕殺3を奪った。

プロのスカウトの評価

中日・中田スカウト

「九州大会みました。いいバッティングをします。体もあるし技術的にもしっかりしています。キャッチャーをしているのはチーム事情かもしれないが、肩もわるくない、順調なら上位候補。」2016.6月

まとめ

この様に村上宗隆選手の経歴を見るととにかくバッティングのセンスはかなりのもののようですね。プロのスカウトも早くから村上宗隆選手のッティングには注目しているようです。

一月になるのはポジションだと思います。キャッチャーとしてはまだまだ発展途上のようです。他のしょびいちとなるとファーストですが、プロの場合だとファーストは助っ人外国人とレギュラー争いになる可能性があるので、ここら辺が課題かと思います。

村上宗隆選手にはお兄さんの村上友幸さんがいます。お兄さんは東海大翔星高校から東海大に進学し投手をしていて、こちらもプロ注目なのだそうです。

村かむ宗隆選手がこのままキャッチャーとしていけばプロで兄弟バッテリーもあり得るかもしれません。

また1年生の時に比較された清宮幸太郎選手の早実とは2015.2016と練習試合もしており、2015年時は村上選手が打てば清宮選手もホームランを打つ互角の勝負。2016年は清宮選手が1本ホームランを打っていますが、村上選手はノーヒットだったといいます。

この二人の3度目の対決を甲子園で見たいと思いますが、残念ながら九州学院はセンバツ甲子園2017に出場できませんでした。

夏の甲子園で2人の対決を見てみたいものです。以上、村上宗隆選手の出身中学校などの経歴(プロフィール)等についての記事でした。最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする