三浦銀二(福岡大大濠)のプロフィール!ドラフト2017候補

当ブログでは2017年ドラフト候補として注目されている選手を多数紹介していますが、福岡大大濠の三浦銀二投手のプロフィール等こそ一番に紹介しなければいけませんでした。

現在開催中の選抜甲子園2017では1回戦の創志学園戦、そして延長15回再試合となった滋賀学園戦共にナイスピッチングでしたね!今大会屈指の右腕です!

ということで今回は福岡大大濠のエース・三浦銀二投手のプロフィール等をお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

三浦銀二投手のプロフィール

出身:福岡県福岡市出身

球歴:筑紫小学校(軟式野球)

筑紫丘中学(軟式野球部)

福岡大大濠(硬式野球部)

小学3年生から軟式野球を始め、中学校では軟式野球部に所属し、3年時に福岡選抜に選ばれる。

福岡大大濠では1年秋から控え投手でベンチ入りする。なお一学年上のエースは、2016年ドラフトで阪神タイガースにドラフト4位で指名され入団した濱地真澄投手がいました。

2年秋からエースとなり、福岡県大会と九州大会で優勝。神宮でも明徳義塾相手に完封するなどベスト4に入る原動力となった。

2017年の選抜高校野球大会に出場し、1回戦創志学園完投、2回戦の滋賀学園戦は延長15回引き分け再試合となる。

驚くべきはここまですべて一人で投げてきた(完投)ということです。いかに安定した投手で力があるのかがわかります。

三浦銀二投手の特徴

身長:175㎝

体重:73㎏

右投げ右打ちの投手

最速146キロのストレートの他にスライダー、カーブ、チェンジアップを使い分け、制球力もよい。ピンチでも動じないマウンドさばきが特徴の投手。

昨年秋は前13試合中6試合を完封し、選抜でもその力を発揮し評判通りのピッチングを披露している。

ピッチングフォームは癖のないオーソドックスなスリークオーターで、投げ方的にも制球が乱れるようなフォームではない。


おわりに!

選抜甲子園での三浦銀次投手のピッチングをると、この時期に良くこれだけのピッチングが出来るなと感心してしまいます。

高校生の投手としてはすでに完成されている印象です。そしてこの三浦銀二投手の力を引き出しているのが捕手の古賀悠斗選手です。

古賀悠斗選手については当ブログでもドラフト候補として紹介していますが、戦アbつの解説の方が、三浦・古賀のバッテリーは大会く屈指のバッテリーと評しておりました。

私も同感です。ただ心配なのは福岡大大濠高校は良くも悪くも三浦銀二投手のチームで頼るところが大きいと思います。

三浦投手の投げ過ぎが心配です。もう少し周りが得点して三浦投手を助けてほしいと先日の試合では思いました。ケガに気を付けて頑張ってほしいと思います。

三浦銀二投手の今後の活躍に期待です。以上、三浦銀次投手のプロフィール等に関しての記事でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする