清宮幸太郎(早実)2017ドラフト候補の評価や進路・経歴などが気になる

2017年の第89回選抜高校野球大会(春のセンバツ甲子園)に帰ってきた早実の清宮幸太郎選手ですが、周りはすでにドラフトでどこが指名するのかや大学に行くのかなど清宮幸太郎選手の進路に注目が集まっています。

そこで今回は清宮幸太郎選手のドラフト候補としてのプロのスカウトの評価やこれまでの出身中学校といった経歴・進路についてどこよりも詳しくまとめていきたいと思います。

まずは2017年ドラフト候補の清宮幸太郎選手のこれまでの経歴(プロフィール)からお伝えしていきます!

スポンサーリンク


清宮幸太郎選手の経歴(プロフィール)

出 身:東京都

球 歴:早稲田実業初等部(東京北砂リトル)

早稲田実業中等部(調布シニア)

早稲田実業高校 (硬式野球部)

家 族:父・清宮 克幸・・・ヤマハ発動機ラグビー部の監督。

母・清宮 幸世・・・慶応大学でゴルフ部主将の

弟・清宮福太郎・・・砂川リトルで野球をしている。

小学校時代初めはラグビーと軟式野球のオール麻布で野球をやっていたが、4年生から東京砂川北リトルで野球を始める。中学1年生の時に3番エースでリトル世界選手権で優勝をした。

清宮幸太郎選手のリトルリーグ時代のホームラン数が132本!

中が気時代には調布シニアでプレーし全国制覇をしますが、当初はスイングスピードに腰がついていけず疲労骨折をした経緯がある。

早稲田実業高校に進学後は1年春に背番号19でベンチ入りし、入学式から3日後の春季大会の3回戦では3番1塁手で出場し勝ち越し打を放っている。

その年の早実は夏の甲子園に出場し、清宮幸太郎選手は3番ファーストで出塁して2本のホームランを放った。1年生で唯一日本代表メンバーに選ばれた。

高校日本代表では

2年生時は甲子園出場は春夏共にできなかったが、秋季東洋と大会を優勝したことにより、3年春の2017年センバツ甲子園に出場が決まった。

清宮幸太郎 選手の特徴

身 長:184㎏

体 重:101㎏

右投げ左打ちの一塁手。高校通算本塁打78本(高1=22本、高2=56本)

清宮幸太郎選手のバッティングの特徴はヘッドスピードが速く飛距離もある。また、広角に打てる技術も持っている。

脱力した状態からバットと下半身を動かしながらタイミングを取り、一気にインパクトまでスイングをしボールをとらえる。

この様に清宮幸太郎選手のバッティングに関する事は多いですが、守備の方はどうなのでしょうか?調べてみました。

ところが清宮幸太郎選手の守備に関してはあまり高い評価はないようです。清宮選手のポジションはファーストですが、グラブさばきはいいものの腰が高いなどという評価が見受けられました。

またセンターを守太里もしていますが、この守備がどうこう言うのはあくまでプロとして考えたもので、高校生レベルでは全く問題ないという事は言うまでもありません。

プロのスカウトの評価

清宮幸太郎選手については1年生で甲子園に出場した時から様々な方面から数え切らないほどのコメントや評価が寄せられてきました。という事で今回はここ最近のプロのスカウトの評価をご紹介したいと思います。

1月7日:ソフトバンク・山本スカウト

「当然ドラフトの目玉となる存在。年間通じてマークしますよ。」

1月12日:オリックス・長村球団本部長

「打撃は1年生の時から非凡なレベル。節目節目で見に行くことになる。」

中日:中田スカウト

「バッターとして天性のものを備えているのは間違いない。いい選手は仕事抜きで見に行きたい。清宮はそういう選手。」

他にも多数のスカウトが清宮選手に関してコメントしていますが、現在もバッティングに関してかなり大会評価を得ています。

清宮幸太郎選手の進路は?

1年生の時から超高校級スラッガーとして騒がれている清宮幸太郎選手ですが、2017年のドラフト会議では間違いなく指名される選手です。

早実といえば王貞治さん、荒木大輔さん、斎藤佑樹選手などがいます。最近ですと甲子園で優勝した斎藤佑樹選手が記憶に新しいところですが、プロへは行かず大学に進学してからプロの世界に入りました。

清宮選手はここら辺をどう考えているのかという事になります。ネット上では清宮幸太郎選手は阪神ファンであり、それ以外の球団にはいかないのではないかといった書き込みも見受けられました。

また、リトル時代や1年生の時に高校日本代表に選ばれ海外選手と対戦したこともあるので、将来的にはメジャーを考えているのではとも言われております。

ただこれは清宮幸太郎選手が公言しているのではなく、第3者が想像で言っていることですので、本当のところは清宮幸太郎選手のみが知るところです。

まとめ

今年の選抜甲子園2017は早稲田実業だけ甲子園に入るルートが別になったといわれています。これは清宮幸太郎選手が注目されすぎている為、高野連が配慮し手の事です。

これだけ注目を集めている清宮幸太郎選手について書いてきましたが、やはりバッティングに関してかなり高く評価されているようです。

若干プロではどうなのかとか守備がどうかという声もありますが、これはプロとしてであって、高校生としてではありません。

進路についても阪神しか行かないのではないかとか将来はメジャーにいくのではないかといわれていますが現段階では当然ですがわかりません。

清宮幸太郎選手は主将としてセンバツそして夏の甲子園で優勝する事しか今は考えていないはずです。

まずはセンバツでの活躍に注目しましょう!それによって清宮幸太郎選手の評価も変わってきます。

何本ホームランが出るのかや通算本塁打数がどこまで伸びるのかなど楽しみです。2017選抜は数年に一度の逸材を見るチャンスです!

以上、2017ドラフト候補の清宮幸太郎選手についての記事でした最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする