神村月光(滋賀学園)2017ドラフト候補の経歴(プロフィール)

2017年選抜高校野球大会に出場する選手でドラフト候補になりゆる選手ということで滋賀学園のエース神村月光(かみむら・ひかり)選手についてお伝えさていきたいと思います。

それでは滋賀学園のエース神村月光投手の出身中学など経歴から見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

神村月光投手の経歴(プロフィール)

出 身 :沖縄県コザ市

球 歴 : 沖縄市立諸見小学校(諸見スワローズ)

沖縄市立コザ中学校( 北谷ボーイズ)

滋賀学園(硬式野球部)

まず神村月光投手を紹介するにあたり特筆するべきの元々は左利きだったと言う事です。

左利きは有利のように思えますがポジションが限られるということで右投げに強制した選手です。

ということで小学校時代の諸見スワローズでは全ポジションを経験。

中学時代の北谷ボーイズでは当初保守であったがその後、投手となる。

多くの甲子園常連校から声がかかったが自らの力で出場したいと滋賀学園を選ぶ。

滋賀学園では1年生から ベンチ入りし秋の新チームからはエースとなって滋賀学園を選抜場に導いた。

この年の夏は惜しくも甲子園出場はならなかったものの 2年秋の新チームでは 秋季近畿大会で見事ベスト4に入り 2年連続の選抜甲子園の出場を決めた。

神村月光(かみむら・ひかり) 投手の特徴

身 長:170cm

体 重:65kg

右投げ左打ちの投手。

ストレートの最速は144kmで、神村月光投手の特徴は縦横2種類のスライダーを投げ分けます。

その他もカーブ、チェンジアップ 、シュート、スプリット、カットボールなど多彩な 変化球わ操る器用な投手。

投球ホームは変な癖が無くオーソドックスで無駄がない。

まとめ

沖縄から1800km離れた滋賀県に渡って甲子園を目指す神村月光投手は意識の強さが伺えますね!?

昨年の選抜甲子園でも投げたキレのあるストレートや変化球がまだ記憶に新しいところです。

プロのドラフトとして指名されるかということについては1つだけ気がかりなことがありますそれは上背です。

144キロのキレのある速球と多彩な変化球マウンドさばきと文句のつけどころがない神村月光投手ですが、プロ野球の投手としてみた時に体がもう一回り大きいといいかなと思います。

それにしても左利きの人がここまで矯正できるものなのかと思いました。よほど器用なのでしょう。

神村月光投手の今後の活躍に期待したいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする