猪田和希(神戸国際大付)2017ドラフト候補の経歴(プロフィール)

2017年ドラフト候補の注目高校生として神戸国際大付の捕手・猪田和希選手の出身中学などの経歴やどんな選手なのかをお伝えしていきたいと思います。

猪田和希選手の神戸国際大付は昨秋の近畿地区大会で準優勝し、今春のセンバツ甲子園2017に出場します。

その前にすでに注目されている猪田和希選手について先取りしておきましょう!

スポンサーリンク

猪田和希 選手の経歴(プロフィール)

出 身:兵庫県西宮市

球 歴:高木小学校(高木野球団)

瓦木中  (兵庫伊丹ヤング)

神戸国際大付属

小学時代に軟式野球の高木野球団で野球を始め捕手としてプレー。中学時代に硬式野球の兵庫伊丹ヤングで4番・投手で活躍。ジャイアンツカップではレフトスタンドへツーランを放っている。

神戸国際大付属高校では2年夏の県大会に背番号20番で4番レフトで全5試合に出場し20打数6安打と大活躍し話題となる。秋の新チームから捕手にコンバートされる。

秋季県大会で優勝し近畿大会へ出場。近畿大会は準優勝。県大会決勝戦でで顔面骨折という大けがを折ったにもかかわらず、近畿大会では大阪桐蔭戦で先制となる右超えツーランを放つなど準優勝の原動力となった。

近畿大会を準優勝したことによって、2017年の選抜高校野球大会(春の甲子園)に出場。

猪田和希 選手の特徴

身 長:181㎝

体 重:78㎏

高校通算16本塁打の強肩強打のキャッチャー。

遠投100mの肩の強さを買われ、2年秋に外野手からコンバートされた。本格的に捕手になってから2カ月余りだったが、黒田、岡野の2投手をリードし近畿大会決勝に進出した。

また守備だけにとらわれることなく、持ち前のバッティングも好調で近畿大会の成績は、決勝までの4試合で打率.538で2本塁打と活躍。

猪田和希選手は打席に入ると動画にもあるように右足の付け根をトントンと叩く。これは体重が載っていることを確認しているのではないかとのこと。

ということで猪田和希選手、捕手としての特徴はレフト方向だけでなくライト方向にも本塁打を広角に打てる技術があるキャッチャーといえます。

まとめ

すでに巨人などプロ4球団が猪田和希選手の試合を見に来ています。バッティングとキャッチャーの将来性を評価しているのだと思われます。

そんなスカウトが視察におとずれている中でも自分のプレーができた猪田和希選手はスカウト陣にアピールできたのではないでしょうか?

そして選抜甲子園2017に出場しますので、全国区でさらにアピールできると思います。

清宮世代といわれる2017年の高校生ですが、今年はキャッチャーが豊作だといいます。もともとバッティングが良かったとはいえ、コンバート2ヶ月ちょっとで難しいとされる捕手のポジションでも注目を集める猪田和希選手は期待されているのでしょう。

捕手としてはこれからだと思いますが、そのプレーが間もなく開幕するセンバツ甲子園2017で見られますので楽しみにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする