イースター 2017 いつ?由来やイベントは?

日本では復活祭と訳されているイースターですが、どんなイベントなのか、日にちはいつなのかわからないという人は多いのではないでしょうか?

今回は2017年のイースターはいつなのかや意味や由来、開催されるイベントについてお伝えしていこうと思います。

という私もイースターと聞いたことがあるくらいで、それ以上のことはわかりません。一緒に勉強していきましょう!

スポンサーリンク

イースター2017年はいつ?

2017年のイースター(復活祭)は「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」で、その年によって日にちが変わる祝日です。

春分は昼と夜の長さが同じになる日のことで、世界各国で同じ年でもイースターの日が変わってきます。またキリスト教の宗派でも違ってきます。

では日本の2017年イースターはいつかというと4月16日(日)になります。

イースターの由来や意味は?

日本の2017年今年のイースターがいつなのかわかっていただけたと思いますが、「そもそもイースターって何?」ですよね!しらべてみました・・・

イースターとはキリストがゴルゴタ丘で刑が執行された三日後に復活したことをお祝いする日です。キリスト教では最も重要な日なのです。

イースターの由来や意味が分かったところで、イースターに行われるイベントはどういったものなのでしょうか?

イースターのイベントは?

キリスト教圏の国ではクリスマス同様、イースターの日には卵料理や肉料理で家族でごちそうを食べる習慣があります。

あと、イースターエッグって聞いたことありませんか?そういえば聞いたことがあるような気がします・・・

イースターエッグとはキリストが甦ったことを記念して、たまごに絵や色を付けたからの事です。

たまごを使う理由は、古くから卵は復活の象徴だからなのだそうです。このイースターエッグは家に飾ったりします。

またエッグハントといった隠されたイースターエッグを探すゲームや殻を割らないように転がすエッグロールという遊びもあります。

イースターエッグは日本でも販売されており安価で手に入れることが出来ます。

また、ニューヨークなどではイースター・パレードといってイースターボンネットという帽子をかぶってパレードをします。

近年のイースターは春の訪れをお祝いする的な意味合いも強くなってきているといいます。

ちなみにディズニーリゾートでは毎年「ディズニーイースター」というイベントが開催されます。イースターのグッズやパレードが行われます。

期間は2017年の4月4日から6月14日までになっています。

例年通り今年も2カ月間の開催となっています。

まとめ

・イースターはキリストの復活を祝う日

・日にちはその年の春分の春分の日の後の最初の満月の次の日曜日

・イベントは家族でごちそうを食べたり、イースターエッグを作る。

最近ではハロウィンと同じくらい日本でも知られるようになってきており、1年のイベントとして定着しつつあるようです。

他国の文化を宗教などにとらわれることなく、自分の国で取り入れてしまう所は日本人のいいところですね?

以上イースターについてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?今年のイースターはディズニーランドにでもどうですか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする