福元悠真(智弁学園)2017ドラフト候補の経歴(プロフィール)

第89回選抜高校野球大会(春の選抜甲子園)に出場する選手で2017年ドラフト候補の目される智弁学園の福元悠真選手の出身中学といった経歴(プロフィール)や選手としての特長などをお伝えしていきたいと思います。

智弁学園といえば昨年の選抜甲子園の優勝校です。そのチームで4番を打っていた福元悠真選手とはどんな選手なのでしょうか?そして2年連続の選抜甲子園優勝をすることはできるのでしょうか?

スポンサーリンク

福元悠真 選手の経歴(プロフィール)

出身:奈良県高市郡明日香村

球歴:明日香小学校(明日香フレッシュジュニアーズ)

聖徳中学校 (奈良葛城ボーイズ)

智弁学園  (硬式野球部)

明日香小学校2年生から軟式野球の明日香フレッシュジュニアーズで野球を始め、6年生の時にU-12日本代表に選ばれキューバで国際試合を経験。

聖徳中学校時代は奈良葛城ボーイズで捕手として活躍し、全国大会ベスト4。タイガースカップ優勝した。

智弁学園に進学後は1年からベンチ入りし、秋の新チームから5番レフトでレギュラーとなる。練習試合では5試合連続ホームランを放った。

秋の公式戦の成績は20打数9安打2本塁打(打率.450)と活躍し、翌年の選抜甲子園では4番ライトで出場し、2回戦の鹿児島実業戦でホームランを放つなど優勝に貢献した。

夏も甲子園に出場し、2回戦の鳴門高校戦で2-5で敗退。秋の新チームからは主将となり1番ライトとなる。

奈良県大会では天理戦と高田商業戦でホームランを放った。大阪桐蔭戦でホームランを放つなど活躍しチームは近畿大会ベスト8に入り2年連続の選抜甲子園出場を果たした。

福元悠真 選手の特徴

身長:178㎝

体重:75㎏

50m:6秒3

通算本塁打35本の右投げ右打ちの外野手。

打者としての特徴は鋭く振りきるスイングからの長打力。守備では遠投100mの強肩でスローイングの良い外野手。また走力も50m6秒3とまさに3拍子揃った選手。

まとめ

私立の強豪智弁学園で1年生からクリーンナップを打ってきた福元悠真選手。今回は主将として選抜甲子園に出場します。

ネット上では中学時代は野球以外手の付けられないほどヤンチャだったという書き込みがありました。

しかし、智弁学園に行ってからは別人のように変わり、中学時代の荒れた福本悠真選手を知っている恩師が驚くほどの変わりようだったといいます。

ちゅがく時代のヤンチャだったころについて福元悠真選手は「プレーで恩返ししたい。」といっているといいます。

甲子園での実績もある福元悠真選手が一冬超えて選抜甲子園でどんなバッティングを見せてくれるのか注目です。

またプロのスカウトも当然福元悠真選手にはドラフト候補として注目しています。選抜甲子園で活躍すれば2017ドラフト会議に向けて具体的な評価コメントも出てくると思います。

以上、福本悠真選手の経歴(プロフィール)についてお伝えしてきました。最後までご覧いただきありがとうございました、

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする